マンションの防犯対策の注意点

最近のマンションは、防犯対策がしっかりしてきました。
エントランスやエレベーターに防犯カメラが設置が増えました。

そのせいか、高層階に住んでいる方は、玄関だけ鍵をかけておけば良いと、ベランダ側の窓は開けっ放しにして出かける方もいらっしゃるようです。
しかし、どれだけ高くても、泥棒は人目の少ないところを狙います。
最近は、核家庭も多いので、昼間に生活している気配がなければ、マンションにも泥棒は現れます。
さらには、雨の日も物音を消してくれるので、泥棒にとっては最適なんだそうです。

実際に、6階や10階といった高層部にも泥棒は入っています。
このようなことからも分かるように、ベランダ側の窓もしっかり施錠したほうが良いことがわかります。
また、窓にはセンサーを取り付け、不審者が侵入した際には、ブザーがなるようにすると良いでしょう。

高層部を狙う泥棒は、雨どいを伝ってくることが多いそうです。
これを防ぐために、とても便利な製品が売られています。
『忍び返し』というものです。
輪になった部分に釘のようなものが四方八方に向かって伸びています。
これを雨どいにつけるだけで、泥棒が上ってくるのを防ぐことが出来ます。

もちろん、マンションだけではなく、2階建ての戸建て住宅やアパートにも使える便利グッズですね。
泥棒はいつ、どこから現れるか分かりません。
ベランダにも防犯カメラやセンサーなどの防犯グッズを使って、念には念をいれた防犯対策を心がけましょう。

マンションの防犯カメラ

家の購入を考えている方ならば、一戸建てにするかマンションにするかで、悩んだ事があるでしょう。

マンションの魅力は、セキュリティがしっかりしているのが大きな魅力ではないでしょうか。
エントランスにはオートロックシステムが採用されていますから、不審者が勝手に入ることは、まず出来ません。
来訪者を、モニターつきのインターホンで確認することが出来ますから、安心ですね。

また、エレベーターやエントランス、駐車場など共用部分には防犯カメラが設置されています。
これらの防犯カメラは、マンションを管理している警備会社が24時間管理しているので、異常が発生した場合はすぐに対応してもらうことが出来ます。
小さい子供がいる家庭や、子供だけで留守番をしなくてはいけない家庭も安心して生活することができますね。

防犯カメラが設置されていないマンションでも、住民達の話し合いで防犯カメラを取り付けるところが多くなっているようです。
その場合、管理費から費用を捻出するのか、住民が負担するのかで揉める場合もあるようです。
しかし、安心安全な生活をするためにも、防犯カメラの設置は決して無駄ではないはずです。

郵便物の防犯対策

昨今、オフィスビルの集合郵便受けから請求書が盗まれるという事件が多発しています。
請求書を盗み出して、かわりに支払ってくれるのならば、ありがたい話ですが、
しかしこの事件の犯人は、代金振込先を改ざんし、また郵便受けに戻すという事を繰り返しています。
改ざんした請求書には、振込先金融機関名、口座名義、口座番号の上にシールが貼られており、別の振込先を記入してありました。

この事件は、会社が被害者になっていましたが、個人の家庭でもありうる事件だと思いませんか?
最近のマンションには、防犯カメラが設置してありますから、何かあっても犯人は特定できるかもしれません。
しかし、戸建て住宅やアパートなどでは、いつ起こってもおかしくない気がします。

郵便物には、口座番号など個人情報が記載されていますから、どのように悪用されるか分かりません。
家族内でも、郵便物を勝手に見てトラブルになるくらいですから、他人に知らない間に見られるのは、さらに不愉快になりますし、不安になることでしょう。

こうした事態を防ぐためにも、敷地内に不審者が入らないように防犯カメラを取り付けたり、郵便ポストには鍵をかけるようにすると良いでしょう。
防犯カメラの映像は録画できるようにしておき、いつでも警察に提出できる体制をとっておくと良いですね。
また、近くの交番から警察官に巡回してもらうのも防犯対策の方法の一つです。

Copyright © 2019 マンションの防犯対策、セキュリティの方法