英会話の発音を身につける

英会話を早く上達させたいのなら、発音をしっかり学ぶことが大切です。

私たち日本人は、耳から日本語を学んで、自然と話せるようなりました。

それと同じように、英語の発音を学ぶことによって、英語も耳から理解できるようになります。

だから、むやみに英単語を暗記しなくても、気づかないうちに語彙力や表現の仕方が身につくようになるのです。

英語の発音を学ぶことで、英会話の力が一気に伸び、覚えた単語は忘れにくくなります。
しかも、しっかり学べば、英語を短期間で聞き取ることができるようです。

発音の勉強法は、ルールを学ぶだけで、発音力が伸びます。
なかなか発音が上達しないという人は、そのルールを知らないのでしょう。
日本人は、英語を発音しようとするときに、日本語の口や舌の動きで発音しようとするので、間違った英語の発音になってしまいます。

発音の勉強の仕方は、英単語の音を一つ一つ学ぶのではなく、30音の母音と子音だけを確実に身につけるだけです。

それで、英語の発音が区別できるようになるのです。

また、早く発音を直したいのなら、ネイティブの口の動きを見て、真似してみてください。

発音とリスニングを学ぶのにおすすめのDVD教材は、「英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニング」です。
30音の口の動きがとてもよく分かり、実用的な英語の能力が身につきます。

英会話の上達は口に出して練習する

英会話を上達させるためには、英語を声に出して練習すると効果的です。

英語を学習している人に、もっとも不足しているのが、この英語を口から声に出して練習することです。

英語を読んだり、単語の意味を調べたり、聞くことは比較的時間をかけてやるのですが、実際に口を動かして練習するのはどれくらいでしょうか?

英文を2、3回口から出しても、まだまだ足りません。
本当に英会話ができるようになりたいのなら、口の筋肉をとにかく動かすことが大切です。

口から出す練習をするときは、必ずモデルとなる音声を用意してください。
モデル音声を聴かないで、音読するのはやめてください。
カタカナ英語など自己流の英語が身についている人は、いったんそれを忘れなければいけません。

恥ずかしがらずに少しずつでかまいませんので練習してください。

口から出す練習のやり方は、まずテキストとモデル音声のCDなどを用意してください。
はじめに、英文と日本語文を読みましょう。
これで、練習する内容を簡単に頭に入れておきます。
そして、ワンセンテンスを流したら止めます。
この段階では、テキストは見ないようにしましょう。
そのセンテンスを繰り返して言ってみてください。
スムーズに言えたらOKですが、繰り返せなかったらテキストを見て確認してください。
そして、何度も口から出して練習してください。
このとき、イントネーションとリズムを注意して聴いて、忠実に真似することが大切です。

このように、ワンセンテンスを繰り返して練習し、最後には、全体を音読してみてください。
このときに、頭の中でモデル音声が流れてくるようだったら、完璧です。

英会話のスピーキング勉強法

英会話を学ぶ中で、スピーキングの上達法を紹介します。

まず、初級レベルでは、英語を口に出して慣れることを目標としましょう。
読むときは、声に出すことが大事です。

この段階では、間違っているかどうかなんて、気にしなくても大丈夫です。
毎日読む習慣をつけることが大事です。

また、早い段階で発音を身につけることも大切です。
せっかく話せるようになっても、間違った発音で覚えてしまうと、ネイティブの人には伝わりません。
この段階では、発音しにくい単語は無理に覚えなくても大丈夫です。

中級レベルになれば、長い文も読むように挑戦してみてください。
また、相手が聴き取りやすくなるように意識して、音やリズムに強弱をつけて発音してみましょう。
このレベルなら、英語で自分の考えを表現できるように練習してもよいでしょう。

上級レベルになると、実践する機会がとても大切になります。
それまで覚えてきたことを、実際の会話で使うことにで、しっかりと身につきます。
また、できればネイティブの人と、コミュニケーションを積極的にとると、さらに上達します。そして、このレベルまでがんばってきたのだから、スピーキングの質にもこだわっていきたいものです。
たとえば、話したいテーマを持つことです。
仕事で役に立つ表現を、徹底的に学んだりするようなことです。
また、正確できれいな英語を話せるように、こだわるのもいいでしょう。

Copyright © 2019 英会話の発音が上達する方法