フォークリフト免許と教習所での講習について

フォークリフト免許を取得するためには教習所で講習を受けるのが一般的です。
1t以上のリフトを構内で運転する時に必要な修了証となります。

フォークリフトの免許は車の免許と異なり、更新の必要がありません。
公道用の免許ではありませんので、普通の自動車教習所などでは受講できません。

では、どこで教習を受ければよいのでしょうか。
全国にはフォークリフトの教習所というものが沢山あります。
インターネットで検索すれば簡単にわかりますので教習所を探している方は検索してみてください。

教習所のフォークリフトの講習コースは、所持している自動車免許等により4コースに分かれます。
その点に関しまして教習所のHPにてご確認ください。

ちなみに私の場合は持っている免許が普通自動車免許だけなので、4日間コースで講習はおよそ31時間受けました

平日4日連続のところもあれば、土日+土日や週末+平日などです。

フォークリフトのテキストでは

@フォークリフトの概要
Aフォークリフトの走行に関する装置の構造および取扱い
Bフォークリフトの荷役に関する装置の構造および取扱い
Cフォークリフトの運転に必要な力学に関する知識
D災害事例
E関係法令

などを学びます。


フォークリフトの免許の学科と実技講習について

フォークリフトの免許には、1トン未満のものと1トン以上のものとに分かれています。
前者の場合には、大型特殊免許を取得済である必要はありません。

1トン以上のものを公道で運転する場合には、大型特殊免許は必要となります。
これがフォークリフト免許の中で最も高いレベルのものとなります。

車の免許の種類としては、普通免許、大型普通免許があり、両方に2種という資格があります。

フォークリフトは大型車両なので、公道で運転するためには大型特殊免許が必要・・・ということになります。

工事現場や工場だけの走行というのであれば、大型特殊免許の取得の必要はありません。

フォークリフトの運転免許講習のですが、講習は学科と実技があります。

学科はフォークリフトの走行における装置の構造や取扱い方法の知識ですとか、荷役についての装置の構造や取扱い方法の知識、運転に必要な力学の知識、関係法令等についてを学びます。

そして、実技は実際にフォークリフトの操作、フォークリフトでの荷役の操作等を行います。

なお、学科はおよそ10時間程度講習を行い、実技講習はおよそ24時間行います。
そして試験で、良好な成績をあげた者のみ、修了が認められます。

フォークリフトの外観による分類

@カウンタバランスフォークリフト
Aリーチフォークリフト
Bサイドフォークリフト
Cオーダーピッキングトラック
Dウォーキーフォークリフト

に分類されます。


物流業界とフォークリフトオペレーターについて

物流作業にて高給をもらうためにはフォークリフト免許は必須です。

普通の作業員とフォークリフトの技能を持っている作業員。

生身の人間対機械なわけですから、作業量にも必然的に天と地ほどの差が生じてしまいます。
つまり、フォークリフトの免許を取得している人と、そうでない人との給料にかなりの差がついてしまいます。

それならば、話は簡単ですよね。
フォークリフトの運転免許を取得すればいいのです。

日頃の仕事で精一杯で、教習を受講するためのまとまった時間を確保することは、そう容易ではありません。
それに加えて、教習受講のための資金だって必要です。
それだって蓄えることも結構大変です。

それならば、働きながらにしてフォークリフトの免許を取得出来る職場に転職するのはどうでしょうか。
転職と簡単にいっても大変ではありますが、フォークリフト免許を持っているというアドバンテージはなかなか大きいものがあります。


フォークリフト運転中の労働災害防止

@フォークリフトの運転は必ず資格を持ったものが行う。

A急ハンドル、急旋回は転倒のおそれがあるため行わない。

B運転中はヘルメットなどを着用する。

C使用後はキーを外し、所定の位置に保管すること。

D高くリフトされたパレットの上に乗って作業しない。

E許容荷重以上の積載は絶対しない。

Copyright © 2019 絶対合格!フォークリフト免許の取り方、講習から物流業界について