日焼け止めで紫外線対策をしよう

紫外線は3月頃から徐所に増え始めます。

紫外線は天気の悪い日や、お家の中にいても、少なからずお肌に悪影響を及ぼします。

紫外線対策には、出来る限り予防することが大切です。

日常生活において欠かせない予防方法として、日焼け止めがあります。

日焼け止めを塗った後に、ファンデーションでカバーしておけば安心です。
出かけない日は、化粧は面倒だからしないという人も多いかと思いますが、
日常の家事をしているちょっとした時間でも、

紫外線にさらされる事は多いです。

日焼け止めを塗る時は、ムラにならないようにすることがポイントです。
日焼け止めを塗る前の、基礎化粧を使う段階から注意して、お肌をしっかり整えておきましょう。

しっかり塗っても、日焼け止めは、乾燥や汗などでどうしても白浮きして崩れやすいです。
日焼け止めは、こまめに塗りなおすのが大切です。
クレンジングで顔を洗って、もう一度基礎化粧から塗りなおすのが一番です。

お肌が乾燥している時は、そのままにせず、化粧水やミストでお肌に水分補給をしてやりましょう。
そのままにしていると、ますます崩れていってしまいます。

汗をかくと、お化粧や日焼け止めがとれて、素肌がさらされてしまいます。
しっかり汗を拭いた後、こまめに日焼け止めを塗って、化粧直しをしましょう。
毎日のそうした積み重ねが、紫外線対策として大切なのです。

日焼け止めクリーム

美肌のためには、自分に合ったものを、時と場所に応じて使い分けるようにしましょう。

日焼け止めのパッケージには、SPF値とPA値が表示されています。
SPF値は、ゆっくり肌に浸透してコラーゲンを破壊していく紫外線B波を、どの程度カットできるかを表しています。

例えばSPF10と表示されているものは、何も塗らない状態では10分で日焼けするところを、10倍の100分かけて日焼けする、
という意味があります。

現在では、SPFの最高値は50に設定されています。

PA値は肌を黒くする紫外線A波をどの程度カットできるかを表しています。

PAは+、++、+++の3段階で示していて、+では日焼けを起こすまでの時間を
2〜4倍に、++は4〜8倍に、+++は8倍以上に伸ばすことを意味しています。

SPF、PA値ともに、高くなるほど紫外線防止効果が高いわけですが、
高いクリームほど紫外線吸収剤や散乱剤を多く含んでいるので、お肌に負担がかかってしまいます。
ゴルフやスポーツなど、外で活動する時は、SPF値が30程度、PA値は++程度のものがおすすめです。
日常生活や、1時間程度の外出なら、SPF20以下でPA+程度でも十分です。

紫外線防止効果を高めたいなら、SPFやPA値の高いクリームを選ぶよりも、こまめに塗りなおす方が効果的ですよ。

最近ではファンデーションなどの化粧品にも紫外線防止効果のあるものが多くあります。
SPF値の異なるものを重ねる場合、防止効果はSPF値の足し算

になるわけではありません。

高い方の値より、少しだけ効果が高まる程度だそうですよ。
また、値の高い方を先に塗った方が効果的です。
お肌に負担が少なく、効果的に紫外線を防止できる方法を考えてつけるようにしましょう。

美肌の紫外線対策

紫外線はシミや乾燥、シワやたるみなど、様々なお肌のトラブルの原因になります。

美肌のためには、紫外線対策の方法をしっかり考えておく必要がありますが、まずは紫外線について知っておきましょう。

紫外線にはA波とB波があります。
日を浴びると、日焼けしてしまいますが、これは紫外線B波によるものです。
表皮と真皮の間にあるメラノサイトにメラニンを作らせて肌を黒くするのです。
B波は、日傘や帽子である程度防ぐことができるので、日焼けを防ぐには、ちょっとした心がけで対策できるというわけです。
もし日焼けしてしまった場合は、まずは冷やし、保水して対処しましょう。

美肌の敵ともいえるのが、A波です。
A波はお肌にとって大切なコラーゲンを破壊してしまいます。
コラーゲンが破壊されてしまうと、お肌は保水力を失い、新陳代謝が乱れ、見た目にもカサカサして透明感がなくなってしまいます。
そのままの状態が続くと、お肌はハリを失ってくすみが生じ、老化への道をたどってしまうというわけなのです。
恐ろしい紫外線A波ですが、A波は曇っている時や、UVカットガラスも突き抜けてしまうので注意が必要ですよ。
お家の中や、車の中にいるから大丈夫、と安心してはいけません。
見た目には変化はなくても、お肌の下には、シミの元になるメラニンが蓄積されてしまうのです。
紫外線が強くなってくる季節はたとえお出かけしない日でも、日焼け止めクリームを塗るなどして、
常日頃から紫外線対策をしておく必要があります。

Copyright © 2019 日焼け止め/クリーム〜日焼け止めクリームで紫外線対策をする。