介護付き有料老人ホームとは

最近、老人ホームのなかでも、特に人気なのが、「介護型有料老人ホーム」です。
ホームが自ら介護サービスを提供してくれるため、別個に介護サービスを契約する必要もありません。
日常生活全般にわたって包括的に支援をしてくれるため安心できるという点が人気です。

「介護型有料老人ホーム」には、一般に次の3つの形態があります:

1.グループケア型・・・施設の階によって入居者の介護度を区別しています。自立者、要身体介護者、認知症患者、といった具合にです。同じ介護状態の入居者で集団生活するため、精神的な負担が少なく、安心できます。その反面、対人関係にトラブルも起きやすく、要身体介護の階にスタッフが集中してしまうなど、階による職員の人数配置にばらつきが起きやすいというデメリットがあります。

2.ユニットケア・・・5人~9人の少数単位で介護状態別に専任の担当者をつけて専門的なケアを行います。ユニットケアの条件として、グループ毎にキッチン、リビング、お風呂が設置されています。介護状態に応じたケアが受けられるため、特に認知症のケアに適しているといえます。入居者のトラブルなど対人関係問題が起きやすいというデメリットはあります。

3.混合型・・・介護状態に関わらず、自立者、認知症患者、要身体介護者、要見守りなど、さまざまな方が自分の好きな部屋を選択して入居する形式です。大きな集団で生活するため、入居者同士の人間関係は比較的良好です。入居者同士が互いに助け合う、というメリットもあります。ただし、個々の状態に応じたきめ細やかな対応が難しい、というデメリットもあります。

このように、それぞれどの形態にもメリットとデメリットがあります。入所時の身体、精神的状態や、個人の趣向に合う形態を選ぶことが重要でしょう。

認知症になったら老人ホーム

人や物の名前が思い出せない、何度も同じ言葉や行動を繰り返すなど、年のせい、と考えがちな症状が実はアルツハイマー病だった、ということがよくあります。アルツハイマー病は、脳を構成している神経細胞が通常の老化よりも急速に失われていくことによって、認知症になっていく病気です。65歳以上の患者さんの5パーセントが認知症と診断されています。そしてそのうちの40パーセントがアルツハイマー病に由来しているといわれます。その他、30パーセントは脳梗塞や脳出血による脳血管性の認知症です。

老化による物忘れとは異なり、認知症による物忘れには幾つかの特徴があります。たとえば、老化の場合は、名前が日付など、とっさに思い出すことができません。一方、認知症の場合、体験したすべてを忘れてしまいます。最近の出来事の記憶が抜け落ちてしまうことも特徴的です。さらに時間や自分のいる居場所の意識がなくなります。老化の場合は、そのようなことはありません。また、認知症の場合、幻覚や妄想を伴うこともあります。そして人格崩壊を招くことすらあるのです。そのため社会生活を送ることが困難になり、寝たきりになってしまいます。

認知症のお年寄りが悪徳業者に騙され、全財産をとられてりまったというケースがありました。認知症をはじめ、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不自由な方々に代わって、不動産や預貯金の管理をしたり、介護サービスなどの契約を結ぶ代行をしたりする制度が、「成人後見制度」です。

現在では、全国各地に認知症の老人を受け入れる老人ホームも増えてきています。また、入所後に認知症になった、あるいは症状が進行してしまった場合に、老人ホームが当人に代わって福祉サービスの申請を行う場合もあります。

認知症(痴呆症)は、高齢化社会においては身近な病気となりつつあるのです。

認知症対応老人ホームを探す

自宅で老親を介護するのは大変なことです。しかし公的な施設は入居に一定の条件(介護認定など)があり上、施設の空きが少ないため、順番待ちになるケースが多いのが実状です。

現在、そのようなご本人、およびご家族の方々のご不安、ご負担を解消するために有料老人ホームのなかで認知症の方を受け入れる施設が増えてきています。
なかでも認知症の進行の緩和に効果があるということもあり、グループホームの形式が注目されています。

認知症があり、要支援、要介護1〜5の認定を受けている方を受け入れている、標準的なグループホームの様子を少しご紹介しましょう。

グループホームは、介護保険では居宅サービスの1つに位置づけられます。認知症のある、5〜9人ほどのお年寄りが互いに助け合いながら、家庭的な雰囲気のなかで共同生活を送ります。
居室は完全個室で、一室6畳〜10畳程度のところが多いようです。そのためグループ生活といえども、入居者のプライバシーは保たれるといっていいでしょう。
各部屋には、収納・洗面台・エアコンが設置されているのが標準です。また、24時間365日介護職員が在住し、一人ひとりの生活に応じた介護サービスを提供します。


有料老人ホームの選択ポイント
有料老人ホームは、入居される方の健康状態や機能の程度に応じて施設を選ぶことができます。
選択に際しては、1.費用 2.提供される介護・サービスの内容 はもちろんのこと、そこで生活していくわけですから、3.施設の雰囲気・生活スタイル も重要なポイントです。
また、その他、立地条件、交通の便、持病のある方は持続して治療を受けられる病院が近くにあるか、なども重要となるでしょう。

有料老人ホームの選択ポイント
1.費用
●入居一時金
●毎月の費用
●その他の費用
を考え、無理のない資金計画を立てることが重要です。

2.提供されるサービス、介護
入居時には健康であっても、将来、身体的に不自由になったり、痴呆になったりしてしまった場合に介護やサービスを期待できるのか(「健康型有料老人ホーム」は不可)、可能な場合、それはホームから提供される(「介護付有料老人ホーム」)のか、それとも外部との別個の契約が必要か(「住宅型有料老人ホーム」)、を明確にしておくことが大切でしょう。また、24時間体制でケアが受けられるかも確認しておくべきです。

3.雰囲気、生活スタイル
たとえば、介護型有料老人ホームの場合、介護不要者と要介護者が共存します。その型はさまざまです:
●混在型:自立可能、認知症、要身体介護、見守りなど、介護や身体機能の状態に関係なく、混在して自由に部屋を選択する形式。
●グループケア型:階によって、身体・介護状態などの住み分けをする形式。
●ユニットケア:少人数単位で、それぞれのグループの介護状態別に担当者を決めて専門的なケアを行う。

4.その他
●食事:治療食(塩分やカロリーなどの制限、刻み食などの形態)を提供してもらえるか、自炊は可能か、など。もちろん、味も重要です!
●立地条件:交通の便、都会か田舎か、気候など。買い物が可能な店、病院へのアクセス。

契約をする前に、複数の施設を、何度か見学をしてみることをおすすめします。

Copyright © 2019 認知症に対応した介護付き老人ホームを探す。