加齢臭予防対策

加齢臭を年のせいだと諦めていませんか?
加齢臭というのは生活習慣を見直したり、食生活を改善したりすることで臭いを抑えることができます。

また体の内側から改善していくだけでなく、外側からも消臭グッズなどを利用することで予防できるようになります。

まずは生活習慣から見直してください。

アルコールの多量摂取や喫煙、ストレス、肉食の食生活など加齢臭に悪影響を与えています。

食生活の改善ですが、最近では食生活が欧米化しているせいか加齢臭や体臭に悩む人が増えてきています。

魚や根菜類の煮物を中心とする食生活をすることにより抗酸化作用がある食材を上手に取り入れることができます。

まずは体の内側から消臭することを考えてみましょう。

しかし、どうしても臭いが気になるといった場合は、まず香水をつけたり、お風呂にこまめに入ったりなど外側からの消臭方を考えるようにしてから内側をケアしていくようにします。

体の外側や内側をケアすることによって臭いを予防することが可能となります。

加齢臭が出てきたからと諦めるのではなく、がんばってケアしてください。

加齢臭・足のにおい

加齢臭と言うのは全身から発せられているものですが、ここでは足についてご説明します。

特に通気性の悪い靴を長時間履いている場合など、足に汗をかいてしまい、臭いが出てきてしまうことが多いです。

足の裏にはエリクソン腺という汗の出る穴があり、さらに密集しているので、両足で一日にコップ1杯ほど汗をかきます。

通常この足の裏の汗は無臭なのですが、処理せずに放っておくと空気中の雑菌と混ざり、分解し、悪臭を発生させます。

予防法にはとにかく通気性をよくし、常に清潔にすることが大切です。

また、靴を正しく選ぶことも臭い予防に効果がありますので通気性がよいものなど選んではいてください。

加齢臭・頭のにおい

加齢臭と言えばポマードの臭いと思われるほど、整髪料の臭いが定着しています。

頭の臭いと一言で言っていますが、頭の臭いには頭髪と頭皮の二種類の臭いがあります。

頭髪から出る臭いは髪の毛から発せられる独特の臭いの事を指しています。

これは髪の毛が臭いを吸収しやすい性質を持っているためであり、タバコの臭いや食べ物の臭いなど周りの臭いを吸収し結果悪臭を放ってしまうという訳です。

次に頭皮の臭いですがフケが原因の一つとされています。

頭皮の臭いとは湿っぽいフケの臭いのことや、そのフケが空気中にある最近と混ざって発生されている臭いの事を指しています。

頭髪でも頭皮でも頭からの臭いに関しては、頭をいつも清潔にすることが大切です。

Copyright © 2019 加齢臭の予防なら加齢臭予防の知識