猫と快適に暮らせる

猫のトイレは毎日のことですので、上手にしつけて猫と快適に暮らせるようにします。

猫の砂の使い方を説明します。猫用のトイレに猫砂を10センチ前後の厚さにして敷き詰めるようにします。
このときにかたまらないタイプの砂を使用する場合は、スノコなど落ちるものを使わないようにしましょう。

トイレは常に清潔さを保つようにしてください。理想は猫がトイレを済ませた後にその部分を取り除いてあげるのがいいのですが、それが無理な人が多いです。
そういう場合は朝晩1回ずつ掃除をしてあげるようにしましょう。
もちろん、砂を取り除いた場合はその部分に砂を補充してあげるようにしましょう。

猫にトイレを覚えさせる

猫にトイレを覚えさせるタイミングはまず朝起きたらトイレに連れて行くようにしましょう。

そして食後も連れて行くようにしましょう。また、猫と同じ時間を過ごしているのであれば出来る限り2〜3時間ごとにトイレに連れて行くようにしましょう。

それを数回繰り返していけば自然とトイレを覚えてくれると思います。

その後、トイレに一人で行って排便を済ませたら是非褒めてあげましょう。

トイレを汚れたままにしていると、トイレを我慢してしまい結果膀胱炎になってしまう可能性があります。
トイレ以外で排便をした時にはすぐ後片付けをして消臭剤で臭いを消すようにします。

猫の反応を見ながらしつけていく

猫の先祖は砂漠で生活していた動物で、その名残で砂の上で排泄するという習性が備わっているようです。
よく公園の砂場などで糞を見るのもこの修正によるものです。

飼われていない猫はしつけられませんが飼い猫位は外や色々なところでしないようにしつけたいものです。

子猫をしつける場合は比較的簡単にしつけすることができますが、大人の猫は簡単にはいきませんので、根気よく教えるようにしましょう。

また、不潔なトイレでは猫は排泄をしませんのでこまめに掃除をしてください。

逆効果になる場合もありますので猫の反応を見ながらしつけていくようにしましょう。

Copyright © 2019 猫/トイレ〜猫のトイレのしつけ方