にきび対策は洗顔と保湿

にきび対策の基本は、毛穴をつまらせないこと、皮膚を刺激しないことです。

まずは、にきびをつくらないようにすること、もしにきびができてしまっても、痕を残さないようにすることが大切です。

にきびの原因となる古い角質や皮脂を毛穴につまらせないためには正しいスキンケアが必要です。

ここでは、にきび対策としての洗顔のポイントを挙げてみましょう。
●洗顔料はよく泡立てる
●皮脂の多い部分から洗う
●十分にすすぐ
●拭き取るときは、やわらかいタオルをやさしく押し当てる

かならず皮膚を刺激しない洗い方を心がけてください。

ポイントは「泡で洗う」ことです。

石けんや洗顔フォームは、泡立てることによって洗浄力が高まり、皮膚への刺激を軽減します。

洗顔料は、油分の少ないものや、にきび用のものを使うとよいでしょう。

皮膚への刺激を避けるため、フェイスブラシの使用は控え、洗顔後はタオルで水分をこすり取らないように気をつけます。

皮脂や古くなった角質を洗い落とすために、洗顔は欠かせないケアです。

1日2回、朝と晩に行ない、汗をたくさんかいたりほこりで汚れた場合などは水洗いでもよいのでその都度洗い流すようこころがけてください。

また、洗顔後の保湿も忘れずに行なってください。

皮脂が多いからと言って保湿をしないでいると、皮膚のバリア機能が低下して、炎症を起こしやすくなってしまいます。

油分を補給するのではなく、水分を補給するため保湿性の高い化粧水や美容液を使用し、肌をしっとりした状態にしておきましょう。

にきび対策は刺激を避けること

にきび対策としては、毛穴の詰まりを防ぐことと皮膚への刺激を与えないことが基本となります。

初期の段階のにきびは、正しいケアで肌を清潔にして治ることもありますが、
逆に刺激することによって炎症を起こし周囲の組織が破壊されるという悪化の道をたどる可能性もあります。

せっかくスキンケアで肌を清潔にしても、にきびを気にして指でいじったりすると炎症を起こしてしまいます。

にきびをいじるつもりはなくても、頬杖をついたりするのも同様です。

また、髪の毛が皮膚にあたるのも刺激になります。

髪を束ねる、ピンでとめるなど、顔に髪の毛が触れない工夫をしてください。

また、髪の毛にシャンプーやリンスが残らないよう十分にすすぐことも大切です。

化粧をする際は、油分が少なく、洗顔料で簡単に落とせるタイプのファンデーションを使うとよいでしょう。

重ね塗りは、必要以上ににきびに触れないためにも、避けたほうが無難です。

直接にきびに刺激を与えることのほかに、睡眠不足やストレスもにきびに悪影響を及ぼすことがわかっています。

睡眠不足が状態が続くと皮脂の分泌が増え、皮膚があぶらっぽくなります。

徹夜明けに肌がテカテカしていたという経験はありませんか?

にきびを悪化させないためにも、睡眠は十分にとるように心掛けてください。

にきび予防の実践

にきびを作らないためには、まず毛穴を詰まらせないこと、そしてにきびができにくい体質なることです。

にきび体質を改善していくには、食事や生活リズムなどの生活習慣を変えていく必要もあります。

まず食事についてですが、糖分を減らすことです。

糖分は、その分解のために大量のビタミンB群を必要とします。

ビタミンB群は皮脂を分解するのに必要なため、ビタミンB群が消費され不足すると、
皮脂が十分に分解されず肌がオイリーに傾いてしまい、にきびができやすくなります。

糖分より油分を気にして油抜きの食事をする人もいますが、食事で摂る油分はにきびに影響を与えることはほとんどないと言われます。

チョコレートやピーナッツなども、それを食べたからにきびができる、という確実な報告はされていないようです。

しかし人それぞれ体質も違いますので「これを食べるとにきびができる」と自分で感じているものは、控えたほうがよいでしょう。

次に水分についてですが、よくダイエットや美肌目的で一日に2リットルも3リットルも飲む人がいますが、やはり飲みすぎはよくないでしょう。

排出できなかった分がむくみとなってからだに残ってしまいます。

むくみは見た目にももちろん悪いのですが、水分過剰になって免疫力が低下し、細菌感染しやすくなります。

にきびもアクネ菌などの細菌感染であるため、当然むくみはにきびにも悪影響です。

すっきりと排出できる量の水分を補給しましょう。

サプリメントは、食事で完璧な栄養が摂れないなら積極的に利用してよいでしょう。

にきび対策として必要なのは「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンC」、
抗酸化作用とエネルギー補給のための「コエンザイムQ10」「αリポ酸」「ビタミンE」などです。

Copyright © 2019 にきび/予防〜にきびの予防と治し方