賃貸借契約書を確認する

アパート、マンションなど賃貸借契約の解約予告を行う場合の注意事項として、引っ越しが決まったら、まずやらなければならないのが、
賃貸物の貸し主(大家さん)に「引っ越すので借りていた部屋を出ますよ」旨の連絡をすることです。

これを賃貸借契約の解約予告といいます。

解約予告は賃貸借契約に基づいてきちんと行わないと思わぬ失敗をすることがあるので注意が必要です。

解約予告のポイントを押さえておく事でトラブルを未然に防ぐ事ができますので知っておきたい事柄です。

貸し主(大家)への解約予告のポイントをまとめると以下のようになります。

解約予告の告知期間を必ず確認しておくこと。

アパート・マンションなどの賃貸借契約書には「部屋を出るときは○ケ月前までに申し出なければならない」という解約予告の告知期回が必ず記載されています。

この解約予告の告知期間は、一般的には「1ケ月前まで」というケースが多いが、なかには「2ケ月前まで」「3ケ月前まで」としている物件もあります。
引っ越すときはいつまでに解約予告をすればいいのか、もう一度契約書をよく読んで告知期間を確認しておく必要があります。

不動産に関連する相談の実に7割が敷金の返還に関する相談です。

現在都内の不動産会社と連携しながら、不動産アドバイザーをしております。

不動産一筋20年以上! 不動産関連の闇をたくさん見てきました。
その中でも特に一番の多い不動産トラブルはやっぱり

敷金の問題です。

不動産に関連する相談の実に7割が敷金の返還に関する相談です。

正直これはもう私が不動産業界に入ったばかりのころから現在まで時代が変わろうが
変わるまいとどんな法律が出ようが不変のトラブルです。

それほど多い問題になっています。

特に4月の転勤、配置転換、入社、入学などを控え今まさに、この3月が
引越しが一番多い季節なんです。 これはもう何十年も変わっていません。
引越しが多ければ今まで住んでいた場所から離れるわけですから、それに伴い
敷金トラブルも多くなります。

不動産屋から敷金を取り戻す方法

敷金問題早期解決マニュアル

実はあなたは支払わなくていいお金まで支払ってしまっているのです。


敷金はその性質上何の問題も無ければ丸々戻ってくるお金です。

しかし実際は敷金だけでは足らないから追加で10万円請求された。

追加で5万円請求された。こんなことはよくある話です。

何もしなければ、そのまま敷金は取られ…
最悪の場合では追い金も請求されてしまいます。


私はこれまで、何百人もの方の敷金を奪還してきました。

引越しの時期ってお金がたくさん要りますよね?

私は敷金奪還のお手伝いをしてきて何百人もの方にその予期せぬ収入で

喜ばれてきました!(これまでのお客様の声も見てくださいね。


このマニュアルがあれば理論立てて反論し敷金を取り戻すことが可能です。
敷金清算書の嘘を見破り、不動産会社から敷金を奪還しましょう

Copyright © 2019 敷金返還、敷金トラブルを解決する!