三井ダイレクトのバイク保険の特徴

バイク保険を扱っている保険会社は数多くあります。

その中から「三井ダイレクト」のバイク保険について、その特徴、メリットなどを紹介してみたいと思います。

バイク保険に加入することを検討しているという方は是非参考にしてください。

三井ダイレクトは、徹底した業務の効率化と合理化によって納得の保険料を提供しています。

インターネットのオンライン契約をすると3000円割引となっています。

また、業界で初となるeサービス割引を選択すると、さらに500円の割引になりますので、最大で3500円の割引にもなるんですね。

それから、同乗者も安心の人身傷害補償特約も付帯が可能になっているのが嬉しいですね。

契約中のバイクに搭乗している方や、家族が自動車事故によって死傷されたときに補償されます。
そして、過失割合には関係なく、実損害額を、基準に基づき補償します。

また、三井ダイレクト損保は、予期せぬ事故に遭った際に、経験豊富なスタッフが、
身近で親身なサービスによって役立つことができることを一番大事にしているそうです。

まず、全契約者を対象に充実のロードサービスを無料にて付帯しています。
バイクのレッカー移動や故障の緊急修理だけではなく、50kmを越える遠方での故障の場合などには、
宿泊サービスや搬送サービスといったさらに充実のサービスを用意しているんです。

そして、故障電話相談サービスも充実しています。
バイクに不具合が生じたときなど、整備士が電話でアドバイスをしてくれます。
また、故障時以外にも、ガソリンスタンド案内サービスとしてガソリンスタンド情報を案内してくれたりもします。

スクーターの自賠責保険について

スクーターやバイクには自賠責保険というものが義務付けられています。

しかし、自賠責保険(自賠責共済)の加入状況をみてみると、ある程度の無保険車が存在します。

そして、車検の義務はなく、チェックが行われない原動機付自転車(いわゆる原付・スクーター)などについては無保険車が多いんです。

これを問題視した政府も「無保険バイク追放キャンペーン」という活動を行ってきたりしました。

ですが、車検が義務付けられていない場合になると、忘れてしまうケースが多いのもうなずけますよね。
万が一のときに備え、バイク保険の更新時期には気をつけていきたいものですね。

自賠責保険の罰則などについて

自賠責保険の罰則などについて

この自賠責保険に入っていない場合の罰則はとても厳しいです。。

無保険の場合は、6ヶ月以下の免許停止、違反点数6点にプラスして、1年以下の懲役あるいは50万円以下の罰金となってしまいます。

忘れていたでは済まない重い罰則です。自賠責保険の期限切れだけは注意しましょう。

また、自賠責保険に加入しているバイクのナンバープレートには、ステッカーが貼ってあります。

そして、上にある丸囲み数字は保険期間の満了する年を表し、中心の数字は保険期間が満了する月を表しています。

バイク保険に加入しておかないと、前述した通り後で大変なことになってしまうので気をつけてください。

Copyright © 2019 スクーターや原付の安いバイク保険の見積もりサービスを探す。